「全世界で1番の人とプレーしてるんだから、もっと謙虚にならないといけない」

先日の全豪オープンの決勝戦をご覧になっていた方は少なくないのではないでしょうか。

 

セットカウント1-0とリードし、何度もマッチポイントを迎えながらも返されて、結局、セットカウント1-1に。

決して負けてはいないはずなのに、心が完全に負けていました。もう諦めたと背中がはっきりと語っていました。

 

そして、頭からタオルをかけたままトイレット・ブレークへ。

 

トイレット・ブレークの後も立ち直ることはできないと思っていました。

そして、第3セット。

1ゲーム目。ブレイクすることはできませんでしたが、明らかにプレーが変わっていました。

プレーがというか、感情の出し方が、メンタルのコントロールが明らかに違いました。

 

そして3ゲーム目にブレイクし、そのまま優勝へ。

 

トイレット・ブレイクのときに彼女が何をしたのか、どう考えたのかが、とても気になっていました。

 

今日、テレビを見ていたら、その答えが明かされました。

 

「全世界で1番の人とプレーしてるんだから、もっと謙虚にならないといけない」

 

こう、自分に言い聞かせたそうです。

思わず、涙が出ました。

なんて素晴らしい言葉なんだろう。

技術は心の上にあるんだなぁと思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA