なぜ、子どもたちが「ミス」をするのか

また、部活動に関わる残念なニュースがありました。しかもソフトテニス部でした。

「校舎80周」熱中症で中2搬送 大津、部活練習ミスの罰 – 共同通信

 

体罰と捉えられる指導があったこと、熱中症になってしまったことなど、メディアで捉えられていますが

もちろん、そのことも良くないことではありますが、指導者として、もっと根本的な間違いがあると思います。

 

記事のとおりだとすれば「練習中のミスが目立っていたため」とあります。

 

校庭を走れば、ミスが減るのでしょうか

指導者は、そのミスの原因をわかっているのでしょうか

 

そして、「選手がミスを犯すのは、ミスをしない指導ができていない」ことが最大の原因です。

「どうしてできないんだよぉ」と言う指導者は、できるようにしてあげられないダメな指導者です。

 

このサイトをご覧になっている指導者のみなさん。

子どもたちのために、あなたの指導が「結果に向かって導く教え」になっているか、もう一度考えてみていただけたら幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA