北科大高ベスト4進出! 第42回全日本高校選抜ソフトテニス大会

いよいよ3日目。準々決勝の第一試合では、男子、高田商業(奈良県)が2−0で大牟田(福岡県)に、昨日上宮を破った羽黒(山形県)が2−0で中京(岐阜県) に勝ち準決勝へと駒を進めました。

女子では、明豊(大分県)が2−1で昇陽(大阪府)に、東北(宮城県)が2−1で千代田女学園(東京都)でこちらも準決勝に進みます。

 

第2試合では、男女ともに北海道勢の登場!

北科大高(北海道)が1−1からの3番線、本大会常に3番勝負を制してきた下國・熊野が、接戦の末、岡崎城西(愛知県)を下し、見事準決勝に勝ち上がりました。

女子は、残念ながら札幌龍谷(北海道)が優勝候補筆頭の三重(三重県)を破れてしまいました。

男子準決勝は、12:20から。

北科大高は羽黒(山形県)と対戦です。

 

がんばれ北海道のそふてにっ子!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA