環境と競技人口

イギリスで行われていたバドミントンの世界選手権で、奥原希望選手が、シングルスで男女通じて初となる金メダルを獲得しました。

日本のバドミントンが徐々に力をつけてきた背景には、日本バドミントン協会が打ち出してきた強化策や、人気選手の出現による競技人口の増加があるようです。

 

人気選手の出現は、メディアの力によるところも大きく、それは、やる側、支える側からすると「メディア映えする」環境を整えるというところでもあります。

 

協会や連盟を中心とした「支える環境づくり」、メディアや情報を有効活用した「競技人口の増加」

日本としてみた場合だけでなく、各都道府県ごとや、地区ごとにも同じことが言えるのではないでしょうか。

 

奥原が初の金、バドミントン大躍進の背景とは? 競技人口が急増、協会の小学生強化策が奏功

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA