No.1メンタルトレーニング ―本番で最高の力を発揮する最強の自分をつくる

No.1メンタルトレーニング ―本番で最高の力を発揮する最強の自分をつくる – 西田 文郎


 


第1章 優秀なアスリートになるための4つの条件ーメンタル次第で能力には大きな差がつく

優秀な選手と一般的な選手との違い 能力には保有能力と発揮能 力がある

優秀なアスリートになる条件1 ワクワクできる目標を設定する

優秀なアスリートになる条件2 詰める能力を高いレベルにする

優秀なアスリー トになる条件3 クリアリング能力を身につける

優秀なアスリートになる条件4 素直な負けず嫌いという特性を持つ

第2章 脳の仕組みを利用した最新 のトレーニングー感情のスイッチをプラスにして心を変える

勝負を左右する脳の仕組み1 上手に脳を使う人がスポーツでも成功する

勝負を左右する脳の仕組み2 脳には感情を切り替えるスイッチがある

メンタルトレーニングの基本ステップ1 プラスダー多を脳に入力する

メンタルトレーニングの基本ステップ2 3つの道具を使って心をコントロールする

第3章 最適戦闘状態をつくる最強のトレーニングー3つのプロセスで心と体を完璧に仕上げる

三気法の基本的な考え方1 メンタルを変えるとゾーン状態になれる

三気法の基本的な考え方2 3つのプロセスが最適戦闘状態をつくる

最強のメンタルトレーニン グのプロセス1 三気法の土台「気を蓄える」

最強のメンタルトレーニングのプロセス2 三気法の要「気を練る」

最強のメンタルトレーニングのプロセス 3 三気法の仕上げ「気を締める」

第4章 本番で絶好調になれる最高のトレーニングー試合中でも心は自由にコントロールできる

気を制する者が試合を 制する理由 本番ではメンタルの差が勝敗を分ける

本番前のトレーニング ビトウィンゲーム1 前の結果は忘れて絶好調で試合にのぞむ

本番前のトレーニング ビトウィンゲーム2 準備を万全にして最高のプレーをする

本番でのトレーニング ビトウィンプレーー試合中の心を思い通りにする

 日々の練習におけるトレーニングーメンタルへの意識が能力を伸ばす

「BOOK」データベースより


西田文郎

株式会社サンリ代表取締役会長、JADA(日本能力開発分析)協会会長、西田塾塾長/西田会会長。

1949年生まれ。

日本におけるメンタルトレーニング研究・指導のパイオニア。

1979年代からスポーツを中心に科学的なメンタルトレーニングの研究を始める。

その後、大脳生理学と心理学を利用して脳の機能にアプローチする画期的なノウハウ『スーパーブレイントレーニングシステム(SBT)』を構築し、スポーツやビジネスの分野で驚異的な実績を残している

「BOOK」データベースより

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA